精神保健福祉士とは

精神保健福祉士とは、1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。

 21世紀はこころの時代と言われています。多様な価値観が錯綜する時代にあって、こころのあり様は私たちがもっとも関心を寄せる問題の一つとなっています。
 特に、わが国では、たまたまこころの病を負ったことで、さまざまな障害を抱えた人々(精神障害者)に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みは、先進諸国の中で制度的に著しく立ち遅れた状況が長年続いていました。近年になり、関係法の改正などにより、ようやく精神障害者も私たちと同じ一市民として地域社会で暮らすための基盤整備が図られることとなりました。
 精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカー(PSW:Psychiatric Social Worker)という名称で1950年代より精神科医療機関を中心に医療チームの一員として導入された歴史のある専門職です。社会福祉学を学問的基盤として、精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、社会参加に向けての支援活動を通して、その人らしいライフスタイルの獲得を目標としています。
 さらに、高ストレス社会といわれる現代にあって、広く国民の精神保健保持に資するために、医療、保健、そして福祉にまたがる領域で活躍する精神保健福祉士の役割はますます重要になってきています。
(日本精神保健福祉士協会HPより)

精神保健福祉士の仕事とは

一人ひとりの希望や状況をうかがいながら、一緒に解決の方法を考え、自分の力で解決できるよう支援を行います。

・精神障害のある人や、その家族が抱える生活上の悩みに対して相談に乗り、社会復帰に関する助言を行います。
・関係機関との連絡調整、各種福祉制度の案内など様々な業務を行います。
・日本には現在、健康上の問題はなくても社会的な受け皿がないために精神科病院に長く入院している人もいます。そういった人が社会復帰するための直接支援だけでなく地域への障害に関する啓発活動等も行っています。

精神保健福祉士を目指す方へ

国家試験対策講座

 一社団法人 兵庫県精神保健福祉士協会では、精神保健福祉士を目指す方たちのために国家試験対策講座を開設しています。
※2019年度の募集は終了しました
申込用紙.docx