一般社団法人 兵庫県精神保健福祉士協会
公益社団法人 日本精神保健福祉士協会兵庫県支部
Hyogo Association of Psychiatric Social Workers

協会案内

 1987年、兵庫県で日本精神医学ソーシャルワーカー協会全国大会が開催されましたが、その準備活動のために県内で働くPSWが集まったのが当協会発足の原点です。
 その活動をきっかけに、今後も定期的な交流、学習、研鑚を深める機会を持ちたいとの機運が高まり、翌1988年5月『兵庫PSWの会』が発足しました。
 その後、1999年7月の日本精神保健福祉士協会総会を機に「兵庫県精神保健福祉士協会」と名称を変更、現在に至っています。
 現在は、研修会、新人研修、中堅者研修、圏域ブロック研修会の他、刊行物(協会ニュース等)の発行やメール配信、国家試験対策講座の開催、他団体との連絡、協力等の活動を行っております。

沿革

兵庫県精神保健福祉士協会の歩み
1988(昭和63)年 兵庫PSWの会発足(会員数44名)
1996(平成  8)年 兵庫PSWの会 新人研修始まる
1998(平成10)年 兵庫県精神医学ソーシャルワーカー協会(兵庫県PSW協会)に名称変更
1999(平成11)年 兵庫県精神保健福祉士協会に名称変更(会員数149名)
2005(平成17)年 日本精神保健福祉士協会兵庫県支部設置(会員数405名)
2006(平成18)年 圏域ブロック設置(阪神、西播磨、東播磨、淡路、但馬丹波、神戸)
2008(平成20)年 高齢者・障害者権利擁護なんでも110番
(現:高齢者・障がい者のための弁護士電話法律相談)協力開始
2010(平成22)年 自殺対策としての夜間法律相談協力開始
2011(平成23)年 精神障害者への法的支援プロジェクト協力開始
2015(平成27)年 一般社団法人化(会員数801名)

会長挨拶

 この度の役員改選後、平成29年6月の理事会にて信任を受け、会長に就任いたしました北岡祐子でございます。身に余る重責ではありますが、美藤前会長はじめ歴任の会長が築きあげてきた当協会の活動を引き継ぎ、金田副会長、藤村副会長、田坂事務局長の三役、そして新理事との新たな執行体制のもと、兵庫県精神保健福祉士協会の更なる発展のために努力してまいります。また日本精神保健福祉士協会とは密接に連携および情報共有しながら兵庫支部としての役割を果たしていきたいと思っております。
 1988年に50名ほどで始まった当協会の前身である「兵庫PSW協会」から29年目を迎えた今、協会員数は800名を超えるまでになりました。現在は精神医療や保健、福祉のみならず、労働、司法、教育などの分野で精神保健福祉士の役割が期待されており、各協会員の皆様が各地域にて多領域にわたり活躍していらっしゃいます。更に精神保健福祉士の社会的信用を高め、協会員皆様の業務および活動をバックアップできるよう、2015年に当協会は一般社団法人化し、改めて職能団体としての社会的地位を得ることができました。
 ただその実現には並々ならぬ御苦労がありました。様々な手続きに前会長および執行部の理事の方々は多大なる時間を割いて努力してくださいました。また現在も理事活動(研修企画やニュース作成及びメーリングリストの配信、他団体や関係機関との協働事業の実施、日本協会兵庫支部としての役割、災害対策その他)や法人化後の規約整備など、膨大な理事会業務に追われております。各職場で勤務しながら自分の時間を割いて理事業務を担うことは大変な負担でもあります。更なる経費計上とともに事務員の増員を検討しなければならない時期にもきております。事務局の移転問題も控えております。各ブロック活動におきましても皆様から創意工夫を提案していただきながら、今後の課題について検討していきたいと考えております。様々な課題が山積してはおりますが、皆様方からご意見、ご協力をいただき、適正な協会運営及び協会活動を一緒に築いていただければ幸いに存じます。
 そして、私たち精神保健福祉士ひとりひとりが専門職として社会の要請に応え、市民から「相談してよかった」と信頼されるよう、質の高い援助技術と実践をともに高めていきたいと願っております。そのため、私たちはお互いにつながり支えあい、学びあいながら精神保健福祉の発展に寄与し、職能団体として社会に貢献していきたいと考えております。
 最後に、会長職を担うにあたり不慣れでご迷惑をおかけするかと存じますが、理事の方々をはじめ協会員皆様のお力添えをいただきながら、心をこめて尽力してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成29年6月吉日
一般社団法人 兵庫県精神保健福祉士協会/会長
社団法人 日本精神保健福祉士協会/支部長
北 岡 祐 子

組織体制について

役員

理事 20名

北岡 祐子(会長):医療法人尚生会 (創)シー・エー・シー
金田 知子(副会長):神戸女学院大学
藤村 要至(副会長):医療法人 新淡路病院
田坂 哲哉(事務局長):医療法人尚生会 湊川病院
有本 泰成:姫路市健康福祉局こども育成部こども支援課
小河 良子:医療法人尚生会 湊川病院
河石 洋美:医療法人社団東峰会 関西青少年サナトリューム
河野 康政:明石市障害福祉課
坂井 宗月:特定非営利法人 中央むつみ会
里見 恭寿:医療法人社団 新川医院
角野 太一:特定非営利法人ハートフル 障害者相談支援センター輪っふる
竹内 将史:医療法人樹光会 大村病院
佃  正信:医療法人実風会 新生病院
中元 康雄:幸地クリニック
西本 英輔:朝来市市議会議員
畑山 真一:医療法人 新淡路病院
福原 真紀:兵庫県精神保健福祉センター
松田 一生:兵庫県精神保健福祉センター
安好 弘孝:医療法人内海慈仁会 姫路北病院
山下 峻 :特定医療法人寿栄会 有馬高原病院

監事 2名

藤本 俊治:兵庫県立ひょうごこころの医療センター
渡邉 宣子:医療法人樹光会 大村病院

組織運営部 部長:藤村 要至

協会全体の運営を行っていく上で、系統的かつ組織立った体制を構築し、協会運営の安定と効率化に務めることを主としています。本部と各ブロックの運営の調整を行うこと、また県内の災害対策の体制づくりも行っています。

災害対策委員会

学術研修部 部長:山下 峻

専門職としての責任を果たせるよう、知識・技術・資質の向上や会員同士の交流、つながりを持てるような研修の企画・運営を行っています。

通信情報部 部長:畑山 真一

会員に対する迅速な情報発信を進めていくために、ニュースの作成・発行・ホームページの管理、更新・Pメールの配信を中心に活動しています。

公益事業部 部長:河石 洋美

法的支援委員会

障害年金問題委員会

協会定款

協会定款.pdf