協会案内

 1987年、兵庫県で日本精神医学ソーシャルワーカー協会全国大会が開催されましたが、その準備活動のために県内で働くPSWが集まったのが当協会発足の原点です。
 その活動をきっかけに、今後も定期的な交流、学習、研鑚を深める機会を持ちたいとの機運が高まり、翌1988年5月『兵庫PSWの会』が発足しました。
 その後、1999年7月の日本精神保健福祉士協会総会を機に「兵庫県精神保健福祉士協会」と名称を変更、現在に至っています。
 現在は、研修会、新人研修、中堅者研修、圏域ブロック研修会の他、刊行物(協会ニュース等)の発行やメール配信、国家試験対策講座の開催、他団体との連絡、協力等の活動を行っております。

沿革

兵庫県精神保健福祉士協会の歩み
1988(昭和63)年 兵庫PSWの会発足(会員数44名)
1996(平成  8)年 兵庫PSWの会 新人研修始まる
1998(平成10)年 兵庫県精神医学ソーシャルワーカー協会(兵庫県PSW協会)に名称変更
1999(平成11)年 兵庫県精神保健福祉士協会に名称変更(会員数149名)
2005(平成17)年 日本精神保健福祉士協会兵庫県支部設置(会員数405名)
2006(平成18)年 圏域ブロック設置(阪神、西播磨、東播磨、淡路、但馬丹波、神戸)
2008(平成20)年 高齢者・障害者権利擁護なんでも110番
(現:高齢者・障がい者のための弁護士電話法律相談)協力開始
2010(平成22)年 自殺対策としての夜間法律相談協力開始
2011(平成23)年 精神障害者への法的支援プロジェクト協力開始
2015(平成27)年 一般社団法人化(会員数801名)

会長挨拶

 
 この度、会長として2期目の信任を賜りました北岡祐子でございます。この6月に開催された第5回定時総会において、各議案、そして理事の承認を賜り厚く感謝申し上げます。また当協会代表として理事、そして会員皆様方、社会への責任の重さに身が引き締まる思いでございます。皆様からのご支援ご協力のもと、誠心誠意努力し、協会活動に取り組んでまいります。何卒よろしくお願い申し上げます。
 本協会は6月より32年目を迎えました。ほぼ平成の時代とともに当協会も成長し、歴史を刻んでまいりました。そして令和の時代を迎え、精神保健福祉士への社会的要請がますます高まっております。平成29年の患者調査では、日本の精神疾患の患者数は約419万3千人、そのうち入院患者数は30万2千人、外来患者数は389万1千人となっております。そして、地域の障害福祉サービスを利用している精神障害者数は、21万3千人です。外来患者総数に比べ10%にも及びません。また精神科療養病棟に入院する患者の約40%は、在宅サービスの支援体制が整えば、退院可能とされています。厚労省は「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築」を進めるとしながらも、制度もサービスの数も十分ではありません。加えてメンタルヘルスに関連した幅広い課題、自殺予防、引きこもりや虐待対策、復職支援から障害者雇用、更生支援に犯罪被害者支援、児童から高齢者に関連する支援等、諸問題についても我々精神保健福祉士の働きが強く求められております。その国家資格の責任と役割を果たすべく、我々は互いにつながり、多分野の方々と連携し、常に学び知見や経験を深め、より良い精神保健福祉サービスを必要としている多くの市民のお役に立てるよう、皆様に活躍していただきたいと願っております。当事者の方々から「この病院にかかってよかった」「この福祉事業所を利用してよかった」労働、教育、司法分野において「あなたという精神保健福祉士に出会えてよかった」、そう思っていただけるような、精神保健福祉サービスを皆様と一緒に築いていきたいと思っております。
 今後は金田副会長、松田副会長、藤村事務局長の三役、そして補充理事を迎え新たな執行体制のもと、ご意見ご提案をいただきながら、協会の発展をめざし、皆様方に還元し社会貢献できるよう理事一同、精一杯取り組んでまいりますので、引き続きご理解ご協力を賜りますことを重ねてお願い申し上げます。結びに当たり、皆様の益々のご活躍とご健勝を心から祈念いたしまして、ご挨拶とさせていただきます。

令和元年7月吉日
一般社団法人 兵庫県精神保健福祉士協会/会長
社団法人 日本精神保健福祉士協会/支部長
北 岡 祐 子

組織体制について

役員

理事 17名

北岡 祐子(会長):医療法人尚生会 (創)シー・エー・シー
金田 知子(副会長):神戸女学院大学
松田 一生(副会長):兵庫県精神保健福祉センター
藤村 要至(事務局長):医療法人 新淡路病院
有本 泰成:姫路市健康福祉局こども育成部こども支援課
大西 絢子:医療法人社団あまな あまなクリニック
小河 良子:医療法人尚生会 湊川病院
河石 洋美:医療法人社団東峰会 関西青少年サナトリューム
里見 恭寿:医療法人社団 新川医院
角野 太一:特定非営利法人ハートフル 障害者相談支援センター輪っふる
竹内 将史:医療法人樹光会 大村病院
玉田 尚美:医療法人社団 東峰会 関西青少年サナトリューム 訪問看護クローバー
佃  正信:医療法人実風会 新生病院
畑山 真一:医療法人 新淡路病院
福原 真紀:兵庫県精神保健福祉センター
安好 弘孝:医療法人内海慈仁会 姫路北病院
山下 峻 :特定医療法人寿栄会 有馬高原病院

監事 2名

田坂 哲哉:医療法人尚生会 湊川病院
渡邉 宣子:医療法人樹光会 大村病院

事務局 局長:藤村 要至

学術研修部 部長:山下 峻

専門職としての責任を果たせるよう、知識・技術・資質の向上や会員同士の交流、つながりを持てるような研修の企画・運営を行っています。

通信情報部 部長:畑山 真一

会員に対する迅速な情報発信を進めていくために、ニュースの作成・発行・ホームページの管理、更新・Pメールの配信を中心に活動しています。

公益事業部 部長:河石 洋美

協会定款

協会定款.pdf